関係者恐々も…星稜高サッカー部総監督の暴行疑惑で“止め”

公開日: 更新日:

 たとえば〈パワハラ常習者である九州の名門校の大物指導者が部費や寮費を長年使い込んでいる〉〈毎年新入部員が100人を超す関東圏の強豪校監督がメーカーからジャージーやグラウンドコートなどを4割引きで仕入れ2割引きで部員に売って差額を懐に入れている〉といったような話は枚挙にいとまがない。

 ところが今回の河崎スキャンダルは、全国に飛び火しないという。

「50代、60代のサッカー指導者でパワハラ未経験者は、ほぼいないと言い切ってもいいでしょう。たとえば大手紙の地方支局が、本気で取材すればナンボでも出てくる。そうなったら高校サッカー部の存在自体までが、世間から不信感を持って見られかねない。これ以上のスキャンダル探しは、各メディアとも自粛傾向のようです」(関係者)

 河崎副校長には、サッカー部関連費用の着服疑惑も取り沙汰され、今年中に一切の要職から退くとみられているが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る