ロシア反ドーピング機関 東京五輪「国家として参加困難」

公開日: 更新日:

 ロシアが来年の東京五輪・パラリンピックに国家として参加できない可能性が高いことが明らかになった。同国反ドーピング機関(RUSADA)のユーリ・ガヌス会長の見解として、5日のNHKニュースが報じた。

 ロシアでは2014年に組織的なドーピング問題が発覚。同国スポーツ省は昨年、選手の資格回復に向け、世界反ドーピング機関(WADA)に選手の検体データを新たに提出した。しかし、ガヌス会長はWADAなどから「これらデータに数千カ所に上る大量の改ざんがあった」と指摘されたという。

 WADAは提出されたデータなどをもとに、ロシアの扱いを年内にも判断する見通しだが、ガヌス会長は「危機的な状況に陥って5年目になり、一層危機が深まっている。ロシアは東京に国旗を持って行けない可能性が高い」と強い危機感を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る