ロシア反ドーピング機関 東京五輪「国家として参加困難」

公開日: 更新日:

 ロシアが来年の東京五輪・パラリンピックに国家として参加できない可能性が高いことが明らかになった。同国反ドーピング機関(RUSADA)のユーリ・ガヌス会長の見解として、5日のNHKニュースが報じた。

 ロシアでは2014年に組織的なドーピング問題が発覚。同国スポーツ省は昨年、選手の資格回復に向け、世界反ドーピング機関(WADA)に選手の検体データを新たに提出した。しかし、ガヌス会長はWADAなどから「これらデータに数千カ所に上る大量の改ざんがあった」と指摘されたという。

 WADAは提出されたデータなどをもとに、ロシアの扱いを年内にも判断する見通しだが、ガヌス会長は「危機的な状況に陥って5年目になり、一層危機が深まっている。ロシアは東京に国旗を持って行けない可能性が高い」と強い危機感を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る