FA宣言でモテモテ福田 本命視されるロッテとの深い“因縁”

公開日: 更新日:

 両者とも「あの日」のことは忘れてはいない。

 ソフトバンクの福田秀平(30)は国内FA権を行使し、ソフト以外の5球団(西武、ヤクルト、中日、ロッテ、楽天)の話を聞いた。いずれもソフト以上の条件(4年総額5億円以上)を提示したようで、退団は濃厚とみられている。中でもドラフトの因縁から「移籍先は千葉ロッテ」とみる向きが少なくない。当時を知る在京球団の元編成担当が言う。

「多摩大付属聖ケ丘高の福田は2006年高校生ドラフト1巡目指名でソフトバンク入りした。実は、ソフトと相思相愛だったのは八重山商工の大嶺祐太。福田とデキていたのは千葉ロッテだった。当時、ガチガチの関係だった1位候補には、他球団は手を出さないという暗黙の了解があった。それをロッテのバレンタイン監督はドラフト直前に大嶺に惚れ込み、“掟破り”で1位指名。ソフトとの抽選で勝った。大嶺の強行指名は、福田を2位か3位で取れるとみていたからです。福田は、いわば意趣返しでソフトに入ることになったわけで、本来はロッテに行きたかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る