山下泰裕氏IOC委員就任へ 薬物問題ロシアとの板ばさみ懸念

公開日: 更新日:

 果たして存在感を発揮できるのか。

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(62)が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から新しいIOC委員に推薦された。

 日本柔道界からの選出は、日本人初のIOC委員となった大日本体育協会(現日本スポーツ協会)創設者の嘉納治五郎氏以来。来年1月の総会で正式決定すれば、日本人の現職IOC委員は国際体操連盟の渡辺守成会長(60)と合わせて2人となる。

 推薦といえば聞こえはいいが、JOCは“竹田の穴”を埋めるために水面下で働きかけを行ってきた。今年3月、竹田恒和JOC前会長が東京五輪招致に関する贈賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象となり、任期途中にIOC委員を辞任。五輪開催国として負のイメージを払拭すべく、JOCがIOCへ山下氏の選出を強くプッシュしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る