鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ東アジアの覇者に それでも優勝を喜べない理由

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンが東アジアEー1選手権(韓国・釜山)で4大会ぶり3回目の優勝を飾った。 まずは高倉監督とスタッフ、選手たちに「おめでとう」と伝えたい。

 台湾、中国、そしてホームの韓国と対戦して3戦負けなし。しかも得点13・失点0である。数字の上では「余裕の優勝」と言っていいだろう。しかしながら、高倉ジャパンの<良さ>と<課題>の両方が浮き彫りになった大会となった。

 韓国戦では、日本は持ち味のパスワークが冴えていた。ボールをキープしながら試合をきっちりと支配し、韓国に試合のペースを握られる時間帯もなかった。長短のパスを織り交ぜながら試合を優位に進め、なでしこのストロングポイントである<連動性><攻守のメリハリ>もあった。

 課題点としては、やはり決定力不足を挙げないわけにはいかない。

 韓国戦は、多くのチャンスをつくりながら、最終的にPKの1点だけだった。「香港戦、中国戦で計5得点のエース岩渕が韓国戦の前に負傷して欠場」したことは言い訳にはならない。ボールをつなぐ、試合を支配する、決定機を迎える――。その回数は多いのに流れの中でゴールを奪えなかったことは、出場選手の決定力の問題である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!