横綱白鵬の“軽薄独り相撲”「首里城」土俵入り消滅の内幕

公開日: 更新日:

「うまいこと便乗しようと思ったんだろうけど、案の定、横綱土俵入りの意味を理解していなかったんだな」

 ある親方がこう言って呆れるのが、横綱白鵬(34)だ。

 かねて白鵬が熱望していたという、首里城での土俵入り。14、15日に行われる沖縄・うるま市巡業の前日13日に、火災で全焼した首里城で白鵬が四股を踏む……という計画だった。

 3日の下関巡業では、「そういうのが(横綱の)役目。まだ(自分の)役目は終わってない気がする」と意欲満々だった。しかし、土俵入りは行われず、多くのメディアは「延期」と報じていた。

■延期ではなく「白紙」

 冒頭の親方は「延期というのも違う」と、こう続ける。

「首里城での土俵入りは白鵬や勧進元が『そういうのをやりたい』と言っていただけで、協会に具体的な企画が持ち込まれたわけではない。調整をする以前の問題です。延期ではなく、白紙と言った方が正しい。そもそも、なぜいまこの時期に横綱土俵入り? と疑問に思った者は多い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  9. 9

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る