六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

U-23アジア選手権惨敗 日本代表に感じた試合前の“軽さ”

公開日: 更新日:

 その一方、プレスルームでは豚肉がトラブルの原因になるところだった。

 ありがたいことにプレス用に2種類の弁当が用意されていた。ひとつはガパオライス。豚ひき肉と野菜を甘辛く炒め、白飯に目玉焼きを乗せたもの。もうひとつは、チャーハンの上に豚肉の生姜焼きを乗せたものだった。言うまでもないが、中東でも戒律が厳しいことで知られているサウジのメディア陣は、弁当に手を出そうとはしない。翌日、弁当の豚肉から鶏肉に変更され、私たちもホッとしたものである。

 異なる宗教の選手やファン、メディアが一堂に会する国際大会の運営の難しさを垣間見たワンシーンだった。今夏の東京五輪では、その辺りの抜かりはないと信じている。

■試合前に感じた代表選手たちの“軽さ”

 ここからは本題に入ろう――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る