六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

U-23アジア選手権惨敗 日本代表に感じた試合前の“軽さ”

公開日: 更新日:

 1月8日にタイのバンコク入りして1週間が過ぎようとしている。

 今夏の東京五輪の最終予選を兼ねたUー23(23歳以下)アジア選手権に参戦している森保ジャパンは、最低でもグループリーグを突破して「準々決勝(18日)まで勝ち上がる」と予想し、ホテルを押さえていた。しかし、サウジアラビアとシリアに1-2で連敗し、あっさりとグループリーグ敗退が決まった。

 同業者には第3戦(15日)のカタール戦後、ホテルをキャンセルして帰国便を早める手配をしたり、13日の高校サッカー選手権の決勝を取材してから14日にバンコク入りを予定していた記者たちは、タイ行きを断念してホテル代とエアーチケット代を捨てざるを得なくなった。

 同じことはサポーターにも当てはまる。なんとも罪作りな森保ジャパンではあるが、勝負は<水もの>とはよく言ったもの。勝つときもあれば負けるときもある。それらを含めたサッカー現地観戦の、現地取材の醍醐味ではないだろうか(と一応フォローしておこう)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

もっと見る