六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

U-23アジア選手権惨敗 日本代表に感じた試合前の“軽さ”

公開日: 更新日:

 そんなUー23アジア選手権には、ちょっとしたハプニングもあったので紹介しよう。

 ホストカントリーのタイはグループAに、日本はグループBに入り、両グループはバンコク市内のナショナルスタジアムであるラジャマンガラ・スタジアムと郊外にあるタマサート大学をメインにした学園都市にあるタマサート・スタジアムが試合会場となった。

 繁華街にあるラジャマンガラ・スタジアムは、日本では考えられないことだが、コンコースや階段ならどこでも喫煙OK。愛煙家にとっては楽園のようなスタジアムだ。

 ところが、タマサート・スタジアムは喫煙はNGだし、しかもペットボトルの水もコップに入れ替えないとスタンドに持ち込みは不可だった。

 さらにスタジアム近くのショッピングセンター内のセブンイレブン、日本系レストランやよい軒では、アルコールの販売も禁止されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る