六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

U-23アジア選手権惨敗 日本代表に感じた試合前の“軽さ”

公開日: 更新日:

 日本代表がグループリーグ<2試合>の段階でグループリーグ敗退が決まったのは、A代表とUー23代表では1993年のJリーグ発足後、初めての出来事ではないだろうか。記憶を呼び起こしても1984年4月にシンガポールで開催されたロス五輪アジア最終予選でタイ、マレーシア、イラク、カタール相手に4連敗して出場権を逃して以来の屈辱と言える。ここでは、ピッチ上での敗因ではなく、勝てなかった2試合を通じて気になったことを書き連ねたいと思う。

 試合直前、両チームの選手は入場すると横一列に整列し、まずは両国の国歌を聞く。そしてアウェー(に割り当てられた)チームが歩きながら審判団や対戦相手と握手をし、自国ベンチ前に戻ると集合写真の撮影のため2列になって整列する。これは国際試合に限らず、Jリーグでもおなじみの光景であるが、森保ジャパンが戦った初戦のサウジ、第2戦のシリアは様相が異なった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る