六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

U-23アジア選手権惨敗 日本代表に感じた試合前の“軽さ”

公開日: 更新日:

 その理由は<大学生の街だから>。日本なら大学生=飲めや歌えやの大宴会のイメージだが、バンコクでは事情がまったく違うといったところ。

 森保ジャパンは、タマサート・スタジアムで2試合を戦ったが、サウジ戦の試合前に日本のサポーターが、ゲーフラ(ゲート・フラッグの略。旗の左右両端に棒を1本ずつ差し込み、両手で旗を広げながら高く掲げて使用する。掲げた形状が<門>に見えることからゲート・フラッグと命名された)を持ち込もうとしたら、スタジアムの警備員から取り上げられそうになったという。

 その理由は、ゲーフラに日本のTV解説者である松木安太郎さんと<試合に勝つ>という意味で「トンカツ」の絵が描かれていたから、という。サウジなどイスラム教の国々では、戒律で豚肉は禁忌となっている。イスラム教徒への侮辱に当たると判断されたようだ。この例だけではなく、ゲーフラに関しては警備員がスマホで撮影して何が描かれていたのか、厳しくチェックされたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る