南野拓実がプレミアデビュー チーム勝利も見せ場は作れず

公開日: 更新日:

 日本代表MF南野拓実(25)が、ついにプレミアリーグのピッチに立った。

 敵地で行われた23日(現地時間)のウォルバーハンプトン戦。南野はベンチスタートを強いられたが33分、セネガル代表FWマネが右足を負傷し、出番が巡ってきた。

 4―4―2の左サイドハーフで起用された南野。エンドが変わった60分、味方からのパスをゴール前で受けてダイレクトシュートを放つも、相手DFにブロックされる。75分には右サイドから攻め込み、CKを獲得しながらも得点には結びつかなかった。

 結局、見せ場はほとんどつくれないまま、デビュー戦は無得点に終わった。チームは2―1で粘る相手を振り切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る