六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

今季J1にVAR導入でも「誤審がなくなるわけではない」

公開日: 更新日:

 2月8日に埼玉スタジアムで行われた「FUJI XEROX SUPER CUP 2020」で珍しいシーンに遭遇した。

 2019年のJ1リーグ優勝の横浜F・マリノスと天皇杯優勝のヴィッセル神戸との試合は3-3からPK戦に突入したが、なんと両チーム合わせて9人が連続してPKを失敗したのである。

 GKの好セーブもあれば、クロスバーや左右両ポストに嫌われる……そのたびに両チームのファンやサポーターからは、大きな溜息と安堵の声が漏れた。

 試合はPK戦を3-2(!)で制した神戸が初優勝を飾ったが、両チームとも昨シーズンからのスタイルを継続しているため、記者席から見ていても仕上がりの早さを感じさせた一戦でもあった。

 この試合で注目されたのが、2020年シーズンのJ1リーグとルヴァン杯プライムステージなどで導入されるVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る