六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

Jリーグと新型コロナウイルス 濃厚接触の定義が分かった

公開日: 更新日:

 3月2、3日は<サッカー新型コロナウイルスとの関係性>について思いを巡らせる機会となった。

 2日午前9時。Jリーグから「午後3時から都内・品川のホテルで一般社団法人・日本野球機構(NPB)と公益社団法人・日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が合同記者会見を実施する」という内容のメールが届いた。Jリーグは15日まで試合が延期され、プロ野球はオープン戦を無観客試合で開催している。「新型コロナウイルスに関して何か進展があったのか?」「それとも両団体とも開催の目処がたったのか?」と期待した。

 住まいのある板橋区を午後12時30分に車でスタート。所要時間として1時間を見込んだ。ところが、首都高の中央環状線は平日の昼間なのにガラガラ。コロナウイルス禍で外出を控えているのか、テレワークが一気に増えたのか……などと思いながら車を走らせると、20分足らずでホテルに着いてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  5. 5

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  6. 6

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

もっと見る