開幕延期のプロ野球“行くも引くも地獄” 損害は100億円規模

公開日: 更新日:

 ただでさえ日程がタイトなところに持ってきて、過密日程に拍車がかかるのは必至だ。

 元巨人投手コーチの評論家、高橋善正氏は「延期は仕方ないですが、選手のコンディションが心配です」とこう言う。

「全選手が20日の開幕に照準を合わせて調整していたはず。延期が決定しても、新たな開幕日は決まっていないわけで、いつになるか分からない幕開けに向けて、状態を上げていけ、あるいはキープしろ、というのは、簡単ではない。例えばなんとか4月3日に開幕できると仮定すると、その時点ですでに消化しているはずだった4カード計70試合をどこかに組み込む必要がある。大リーグばりの長期連戦を強いられる可能性があるが、今の選手は昔より間違いなくひ弱。通常の6連戦でさえ『きつい』と漏らす選手がいるのに、もしそれを大きく超える10以上の連戦が続くような日程になった場合、果たして耐えられるか。特に繊細な投手の調整は相当難しくなりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る