内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

山本浩二さんと長嶋さんのホットラインで実現した巨人移籍

公開日: 更新日:

 広島を計10年率いた山本浩二監督(73)は、人に任せたことは決して横から口をはさまない人だった。打撃コーチの私には「あいつはどうなんだ? 俺はこう思うけど」と言うことはあっても、コーチから選手に発信してくれ、というスタンス。打撃コーチを飛び越えて選手に直接指導することはほとんどなく、打つことに関しては任せてくれた。

 巨人で仕えた長嶋茂雄監督も“弟子”の松井秀喜を除けば、浩二さんと同じタイプだった。コーチとしては、任せてくれれば意気に感じる。その代わり結果が出なかった時には責任も生じる。

 1993年、カープは最下位に沈み、5年間務めた浩二さんが第1期の監督を辞任することになった。二軍の打撃コーチだった私はこの時、球団から翌年のフロント入りを打診された。しかし、私は現場にこだわりがあった。その後、三村敏之二軍監督が新監督に昇格。「現場に残ってほしい」と言われたものの、球団の決定は覆らないという。すると、長嶋さんと親交があった浩二さんが水面下で動いてくれた。このおかげで、縁もゆかりもない巨人から「選手育成で力を発揮してほしい」とオファーが届くことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る