内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

三振の元木「3球アウトローに決められたら打てませんわ」

公開日: 更新日:

■クビ危機翌年、首位打者になった嶋

 広島時代、球団に頼んで戦力外を覆してもらい、「1年」だけ猶予をもらった嶋重宣。しかし、2004年のオープン戦終盤についに失速。控えに回ることになった。

 すると、嶋の代わりに起用するはずだった選手たちが背中や膝を故障し、相次いで離脱した。

「だったら嶋でええわ」

 山本浩二監督はヤケクソ気味に一軍打撃コーチだった私に言った。そんな緊急出場の試合で嶋は左投手から3安打。ジ・エンド寸前のところで、またも踏みとどまり、開幕スタメンの座を射止めた。

 レギュラーを不動のものにしたのは開幕3試合目。中日のエース川上憲伸から苦手としていたインコースのカットボールを見事にさばき、右翼ポール際に本塁打を放った。ベンチで山本監督が興奮気味にこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る