IOC会長がキャンセル明言 東京五輪中止なら北京はどうなる

公開日: 更新日:

 男子フィギュアスケートの羽生結弦のライバル、ネイサン・チェン(米国)は金メダルを狙うと公言しながらも「(コロナの感染)状況次第では難しい決断を迫られることになる」と、複雑な心境を漏らしている。

 人気競技のひとつであるアイスホッケーではNHL(北米)やKHL(ロシア)の選手がコロナに感染した場合の補償に難色を示すオーナーもいるそうで、一流選手が出場を見送る可能性もあるという。

 米国のトランプ大統領は中国のコロナ対策の初動の遅れや情報隠しを激怒。両国の険悪な関係が改善されなければ北京五輪の代表派遣に影響しないわけがない。夏、冬五輪が連続で幻になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る