松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

今卑弥呼サマ「五輪開催は都民の民意じゃない」ってご存じ

公開日: 更新日:

 小池都知事が再選された途端に、五輪組織委員会の森喜朗会長が駆けつけてグータッチして、「これまで一緒に準備を進めてきた大会の成功に向けて、東京都と一層の協力体制ができることを心強く思う」。

 一緒に準備を進めてきた割には、あてつけがましいやりとりがあったのは忘れたんだ? マラソンと競歩が札幌に会場移転する時のいがみ合いは何だったん?

「私聞いてないわよ。何よ、今さら!」

「だって主催者が言えば逆らえないんだもん」

 再選の翌日、安倍総理も面会して「来年にはオリンピック・パラリンピックにおいて、何としても感染症に打ち勝たなければいけませんので、これからもよろしくお願いいたします」。

 すごいねえ、「これからもよろしくお願いします」だよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る