エリート一家の3代目 “坊ちゃん”琴ノ若は高校で相撲に覚醒

公開日: 更新日:

22歳・佐渡ケ嶽部屋・前頭18枚目

 父は元関脇琴ノ若、母方の祖父は元横綱琴桜。そんな相撲エリートの家系に生まれた2代目琴ノ若は「少なくとも親父以上の素質がある」と、言われている。体格も191センチ、181キロだった父にひけをとらない。

 幼少期から祖父の薫陶を受け、自宅を兼ねる佐渡ケ嶽部屋で育った。しかし、頭角を現したのは意外にも高校時代だ。

 佐渡ケ嶽部屋のタニマチ筋が言う。

「子供の頃から琴桜の手ほどきで相撲をやっていたが、坊ちゃん気質なのか力強さや覇気といったものがなく、弱かった。埼玉栄高校でも2年までは鳴かず飛ばず。仮にあのままプロ入りしたら、せいぜい幕下止まりだったでしょう。それが3年時に主将に指名されてから、顔つきが変わった。相撲ぶりもそれまでとは一変して積極的になり、その年のインターハイで団体優勝。決勝戦では2対2で迎えた大将戦、土俵際に追い詰められて九分九厘負けていたのに、起死回生の逆転劇です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る