来季の大谷は「投手専念」二刀流推進の後ろ盾GMが解任必至

公開日: 更新日:

理解者であるエプラー氏の去就も…

 大谷にとって致命傷になるのは、今季終了後に契約が満了するビリー・エプラーGMを筆頭に球団フロントが刷新されそうなことだ。

 エプラー氏は15年10月にGMに就任してから、地区優勝はもちろん、昨季まで4年連続でポストシーズン進出すらできなかった。すでに地区優勝を決めた首位アスレチックスと9ゲーム差のア・リーグ西地区3位と低迷している(22日終了時)。潤沢な補強資金を与えられながら、ここ数年の最大の懸案事項だった投手陣の強化はならなかった。地元紙など複数の米メディアの報道によれば、オーナーのアーティ・モレノ氏は同GMとの契約延長を見送る方針だという。

 エプラーGMは17年のオフ、日本ハムからポスティングシステムによる大リーグ移籍を表明した大谷の獲得に尽力。ベーブ・ルース(ヤンキース)ら、メジャーでも数少ない投打の二刀流への挑戦を推進してきた。今年8月2日のアストロズ戦で、右肘周辺の筋肉を傷めていることが発覚した際も、「彼は依然として二刀流だ」と話し、投打のどちらかに絞ることは否定した。

 同GMは二刀流に固執する大谷にとって最大の理解者であり後ろ盾。エプラーGMが球団を去ることは、負担が大きい二刀流を後押しするフロント幹部を失うことを意味するわけで、来季はいよいよ特権を剥奪されかねないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  5. 5

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る