六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

1983年に始まった日本サッカー界初「茶話会」に思い馳せる

公開日: 更新日:

 1984年ロス五輪のアジア予選で惨敗をした当時、日本サッカー協会(JFA)は、原宿にある岸記念体育館内の3階にあった。JSL(日本サッカーリーグ)事務局も、同じ301号室の片隅で〈細々と〉運営されていたが、1983年にJSL事務局だけが、小川町にあるビル(三菱重工の持ち物だった)の2階に移った。

 事務所移転に際して、JSL事務長だった木之本興三さん(元Jリーグ専務理事などを歴任。2017年逝去)が最初に取り組んだ仕事というのが、「翌1984年に創設20周年の節目を迎えるJSLの記念事業に何をするのか?」だった。

 紆余曲折を経て釜本邦茂氏の全裸ヌードポスターを作り、世間の大きなインパクトを残した。その打ち合わせのためにプロジェクトのメンバーだった三菱の藤口氏(後の浦和レッズ社長)、日産の佐々木氏(後にJリーグ広報部長)、読売クラブの佐藤氏(後にヴェルディ川崎、浦和、神戸などで広報やGMを歴任)らが中心となり、サッカー談義に花を咲かせたのが「茶話会」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る