大関・貴景勝にまさかの…「調子をおろして」小兵に不覚

公開日: 更新日:

「角界には『調子をおろす』という言葉がある。相手を軽く見るという意味で、つまりは油断です。この日の貴景勝がまさにそれだった」

 とはある親方だ。

 16日、全勝の大関貴景勝(24)にまさかの土がついた。

 なぜ「まさか」といえば、相手の翔猿は今場所2勝6敗と不調にあえいでおり、しかも同じ押し相撲の力士。体格も175センチ、131キロで、同じ身長の大関より52キロも軽い。そんな“小兵”と正面から押し合った揚げ句、はたき込まれてしまったからだ。

 冒頭の親方は「相撲が消極的すぎた」と、こう続ける。

「立ち合いから足が出ず、終始、相手の出方をうかがうような相撲だった。1敗で自分を追う照ノ富士が負け、相手は普段なら敵ではない翔猿。ムリに攻め込まなくても勝てると踏んで、優勝争いのライバルと星の差2つをつけたかったのだろうが、それで持ち味が死んでしまっては意味がない。貴景勝の相撲は前に前に押してこそ。そうやって圧力をかけ続けるからこそ、相手が反撃してきたタイミングでの突き落としも決まる。ある意味、いい薬になったのではないか」

 これで全勝力士が消滅。1敗が貴景勝、宝富士、志摩ノ海、2敗も3人と。

 賜杯の行方はいよいよ予断を許さなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る