元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

シュミット・ダニエルが目指す独代表GKの“頼られるセーブ”

公開日: 更新日:

「(代表正GK争いに勝つには)結果を出し続けること。チームの勝利に貢献することが一番」。長身GKのシュミット・ダニエルは、18日早朝キックオフのメキシコ戦前に意気込んだが、結果は0―2の敗戦。再出発を強いられた形だ。

  ◇  ◇  ◇

「シュミットは足元を特徴としてプレーできる選手。10月のコートジボワール戦で勝利と無失点に貢献していたので、メキシコ戦でもう1回使おうと判断しました」

 森保一監督が説明した通り、シュミットの足元の技術は折り紙つきだ。 

 というのも、彼は生粋の守護神ではなく、中学3年まではボランチ。東北学院高校時代にGKへ転向し、約2メートルの長身を生かしてセービングなどを本格的に磨き始めた。

 中央大を経て2014年に仙台入りしたものの、すぐさまJ2熊本へレンタル移籍。15年も熊本で過ごし、16年はJ2松本へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る