小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ドラフトに変化…強豪校以外の選手の多くが大成しない理由

公開日: 更新日:

 これも隔世の感というのでしょうか。

 僕は2012年からオリックスで3年間、15年からロッテで4年間、コーチを務めました。そこで「時代が変わったなぁ」と感じたのが、ドラフトの傾向です。

 近年は僕らが聞いたこともないような野球無名校から直接、ドラフトで指名されるケースが増えてきました。

 もちろん、誰もが認める素質があれば納得ですが、中にはスカウトがたまたま視察した試合で活躍したとか、大会で150キロをマークしたという経緯で指名される選手も少なくありません。

■覚悟がないままプロ入り

 それでもプロで活躍できればともかく、そうした選手は芽が出ないケースが多い。

 高校なら例えば大阪桐蔭とか横浜などの甲子園常連校、大学なら東都の1部リーグなどはレベルも高く、野球部に入部するだけでもレギュラー争いを勝ち抜く覚悟と努力が必要になります。野球無名校出身の選手は、そういった経験がないままプロに入ってくる。壁に当たったり、生存競争でもまれたりした経験に乏しいから、総じて野球への取り組み方や考えが幼いし甘いんです。パフォーマンスが発揮できなかったり、実力が伸びないといじけてしまうケースまであります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 2
    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

  3. 3
    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

  4. 4
    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

  5. 5
    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  3. 8
    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

  4. 9
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  5. 10
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声