小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ドラフトに変化…強豪校以外の選手の多くが大成しない理由

公開日: 更新日:

 これも隔世の感というのでしょうか。

 僕は2012年からオリックスで3年間、15年からロッテで4年間、コーチを務めました。そこで「時代が変わったなぁ」と感じたのが、ドラフトの傾向です。

 近年は僕らが聞いたこともないような野球無名校から直接、ドラフトで指名されるケースが増えてきました。

 もちろん、誰もが認める素質があれば納得ですが、中にはスカウトがたまたま視察した試合で活躍したとか、大会で150キロをマークしたという経緯で指名される選手も少なくありません。

■覚悟がないままプロ入り

 それでもプロで活躍できればともかく、そうした選手は芽が出ないケースが多い。

 高校なら例えば大阪桐蔭とか横浜などの甲子園常連校、大学なら東都の1部リーグなどはレベルも高く、野球部に入部するだけでもレギュラー争いを勝ち抜く覚悟と努力が必要になります。野球無名校出身の選手は、そういった経験がないままプロに入ってくる。壁に当たったり、生存競争でもまれたりした経験に乏しいから、総じて野球への取り組み方や考えが幼いし甘いんです。パフォーマンスが発揮できなかったり、実力が伸びないといじけてしまうケースまであります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る