小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

東都大学リーグ視察 巨人1位と日本ハム2位の2人には驚いた

公開日: 更新日:

 10月26日のドラフト会議。横浜高時代の教え子である左腕の伊藤将司(24=JR東日本)が阪神から2位で指名された。

 かつてドラフト1位だった松坂(西武)や涌井(楽天)にはもともと素質があったが、伊藤は高校時代に「仕込んだ」クチだ。

 直球の最速は社会人の今でこそ146キロが出るが、当時は130キロそこそこ。フィールディングにしても、お世辞にもうまいとはいえなかったが、「右足を一塁側へ出しながら、牽制球を投げると見せかけて本塁へ投げる」というトリック投球を教えると、自分のモノにした。これは器用じゃないとなかなかできない。たいていの一塁走者は戻ってしまうため、送りバントで二塁へ進まれることが少なかった。

 横浜高OBは、石川達也投手(22=法大)がDeNAの育成1位。同じくDeNAから松本隆之介投手(18)が3位で指名され、学年は違うが、横浜高出身の左投手3人が同時にプロ入りすることになりそうだ。松本は188センチの長身から152キロ。将来的に今永とダブルエースになり得る能力を秘めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る