コロナ禍のJリーグ 今オフ監督交代「行く人」「来る人」

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス禍のJリーグ。今オフは何人かの監督の首がスゲ替わる。

 まずは浦和。大槻監督の今季限りの退任が発表され、後任はJ2徳島で2017年から指揮を執っているスペイン人指導者のリカルド・ロドリゲス監督(46)である。

 プロ選手経験なし。オビエド大でスポーツ科学の博士号取得。理論と情熱を併せ持った知将として知られている。今季の徳島のJ2首位キープをがっちり牽引。浦和は「良い買い物をした」と評価されている。

 開幕前はJ1昇格最右翼と目されながら、現在J2・13位に低迷している大宮。J2の横浜FCと長崎をJ1に昇格させた実績を持っている元日本代表FWの高木琢也監督(53)は、温厚な人柄と熱血指導で大宮選手から慕われており、惜しまれながらの退任となる。

「後任は浦和と大宮でプレーし、2018年に柏で短期間、監督を務めた岩瀬健(45)が内定している。J引退後、フットサルに転じて日本代表に選ばれた異色の経歴の持ち主です」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る