J優勝目前 川崎フロンターレ鬼木監督の手腕と強さの秘密

公開日: 更新日:

 最終盤を迎えている明治安田生命Jリーグ。J1で首位を独走する川崎フロンターレの2年ぶり3度目のリーグ制覇は目前だ。就任1年目の2017年からの連覇を含めて圧倒的な戦績を残す鬼木達監督(46)の手腕、川崎の強さの秘密を探る。

 新型コロナ禍によって延期・再開されたJ1で川崎の盤石の強さを印象付けたのが、8月19日に達成した<Jリーグ新記録となる10連勝>だ。

 2位・C大阪との天王山は、終わってみれば川崎が5―2で圧勝。開幕戦を引き分けて以降、10連勝となった時点で勝ち点は31。C大阪との勝ち点差は10にまで広がり、独走状態になった。

 就任4年目の鬼木監督は、今季からピッチの幅をフルに使ってサイド攻撃を仕掛けていく4DF―3MF―3FWの新システムを採用。併せて<コロナ禍限定の5人交代制>を有機的に活用していった。

 先発メンバーを固定して<前半でリード>を奪い、後半になると矢継ぎ早にフレッシュな交代選手を投入。彼らがゴールを奪っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る