六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

追憶のマラドーナ 「神の手」と「5人抜き」ゴールの思い出

公開日: 更新日:

 マラドーナが死んでしまった。2020年11月25日。アルゼンチンのブエノスアイレス近郊の自宅で死因は心不全だった。10月30日に60歳となり、還暦の誕生日を迎えたばかりというのに……あまりにも突然の訃報だった。

 マラドーナのプレーを初めて見たのは、多くの日本人がそうであったように1979年、日本で開催されたワールドユース(現U-20W杯)だった。

 大宮サッカー場(現NACK5スタジアム)で開催されたグループリーグ。アルゼンチン代表は3戦全勝と危なげなく勝ち上がり、旧国立競技場で開催された決勝トーナメントでも、マラドーナは異次元のプレーで日本ファンを魅了した。

 何も特別なことをしているわけでもない。なのに簡単にマーカーを置き去りにし、そしてシュートを決めて見せる。瞬間的なスピードだったり、相手の思惑の逆をついたりーー。簡単そうに見えるプレーほど<サッカーでは難しい>ことを知ったのも、マラドーナのおかげだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る