貴景勝“カド番M1”で休場…押し相撲での綱とりは時間僅か

公開日: 更新日:

 大関貴景勝(24)が、カド番まで「マジック1」となったところで休場となった。10日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。

 18日は遠藤の引き落としで今場所7度目の土。綱とり場所だったはずが、あと1つ負ければ来場所カド番という体たらくだった。

 今場所は武器である突き押しに威力がなく、立ち合いでしっかり踏み込んで当たっても相手をほとんど押せていない。先場所優勝の力士とはまるで別人で、親方衆の間では「足か腰を負傷しているのではないか」「内臓に不安があるのかもしれない」などと、さまざまなウワサが飛び交っている。

 そのうちのひとりは「不調の原因は定かではないが」と、こう続ける。

「いずれにせよ、貴景勝に残されたチャンスはそう多くない。貴景勝は押し相撲一本で上がってきた力士です。四つ相撲ならば年を取って肉体が多少衰えようが、少しくらいのケガをしようが、組んでからの技術でカバーできる。ところが貴景勝のようにパワーありきの押し相撲だと、衰えや負傷を技術でカバーすることが難しい。押し相撲だけで横綱を目指すなら、チャンスは若いうちしかない。稀勢の里(現荒磯親方)のように何度も綱とりに挑戦し、30歳で昇進というのはまず、ありえませんよ」

 横綱の昇進条件は「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」。安定感に欠けるといわれる押し相撲では、ただでさえハードルが高い。

 もっとも、当面は綱とりどころか、大関から陥落しないことが最優先だが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声