貴景勝“カド番M1”で休場…押し相撲での綱とりは時間僅か

公開日: 更新日:

 大関貴景勝(24)が、カド番まで「マジック1」となったところで休場となった。10日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。

 18日は遠藤の引き落としで今場所7度目の土。綱とり場所だったはずが、あと1つ負ければ来場所カド番という体たらくだった。

 今場所は武器である突き押しに威力がなく、立ち合いでしっかり踏み込んで当たっても相手をほとんど押せていない。先場所優勝の力士とはまるで別人で、親方衆の間では「足か腰を負傷しているのではないか」「内臓に不安があるのかもしれない」などと、さまざまなウワサが飛び交っている。

 そのうちのひとりは「不調の原因は定かではないが」と、こう続ける。

「いずれにせよ、貴景勝に残されたチャンスはそう多くない。貴景勝は押し相撲一本で上がってきた力士です。四つ相撲ならば年を取って肉体が多少衰えようが、少しくらいのケガをしようが、組んでからの技術でカバーできる。ところが貴景勝のようにパワーありきの押し相撲だと、衰えや負傷を技術でカバーすることが難しい。押し相撲だけで横綱を目指すなら、チャンスは若いうちしかない。稀勢の里(現荒磯親方)のように何度も綱とりに挑戦し、30歳で昇進というのはまず、ありえませんよ」

 横綱の昇進条件は「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」。安定感に欠けるといわれる押し相撲では、ただでさえハードルが高い。

 もっとも、当面は綱とりどころか、大関から陥落しないことが最優先だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る