五輪予選延期で“お家芸”アーティスティックスイミングに影

公開日: 更新日:

 日本のライバルが出場するアーティスティックスイミング(AS)の東京五輪世界最終予選(3月4~7日、東京アクアティクスセンター)が、延期になりそうだ。

 入国する選手の行動制限を緩和する措置が停止されているため、予定通りの実施が難しいからだ。国際水泳連盟(FINA)は4月以降への先送りを検討しているという。

 日本のAS団体は2016年リオ五輪で3大会ぶりに表彰台(3位)に立った。お家芸の復権をアピールしたが、19年世界選手権(韓国・光州)では、フリー、テクニカルの両ルーティンともロシア、中国、ウクライナの3強の後塵を拝して4位に終わった。世界選手権の結果から見れば、日本は2番手グループの位置付けだ。

 おまけに世界最終予選の結果次第では、日本と同レベルのスペイン、フランスの猛追を受けることになる。ASはコロナ禍で国際大会から遠ざかっている。開催国枠で出場権を得て最終予選に出場しない日本より、五輪イヤーに実戦を踏んだライバル国の演技が国際レフェリーの印象に残るからだ。

 日本の団体は空手の動作を組み込むなど、独自の演技でメダル取りを狙っているが、大会前の印象度ではライバルに逆転されかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

もっと見る