レスリング協会バタバタ…吉田沙保里が次期トップに急浮上

公開日: 更新日:

 日本のお家芸種目が騒がしい。

 18日の臨時理事会で、レスリング日本代表コーチに、国などから支給された報酬の一部を協会に半ば強制的に寄付させていたとして、高田裕司専務理事以下、全理事の辞任を求める声が上がったという。

 日本協会が昨年末、JОC(日本オリンピック委員会)に提出した報告書によれば、2010年から3年間にわたって約1400万円の「寄付」があり、海外遠征時の会食代などに充てていた。同協会では月内にも再度、臨時理事会を開いて全理事の進退を協議する予定だ。

 同協会では長年、競技の普及、発展に尽力してきた福田富昭会長(79)が、7月開幕の東京五輪を最後に退任するとの噂が絶えない。五輪閉幕後には24年パリ五輪に向けて新体制が発足するとみられるが、早くも「福田会長の後釜は、彼女しかいない」ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る