侍J稲葉監督が巨人視察 岡本が“激戦区”三塁の筆頭候補か

公開日: 更新日:

 侍ジャパン稲葉篤紀監督(48)が9日、巨人の宮崎キャンプを視察した。

 2009年のWBCで日本代表を率いた原監督からサンマリンスタジアムの打撃ケージ裏に設置された「原タワー」に招かれた。

 稲葉監督は、「ジャパンの監督を経験されている方。心配してくれていて、メンバーのことなど、いろんな話をさせていただいた」と感謝した。

■三塁手は激戦区

 侍指揮官が気になったのは、今や巨人の4番に定着した岡本和真(24)だ。もし東京五輪が予定通り、昨夏に開催されていたら、三塁手の選出は難航するところだったと明かしていた。

 それが昨季、岡本和が31本塁打、97打点でセ・リーグ2冠を獲得。阪神の大山も28本塁打、85打点と覚醒した。他に37歳のベテラン松田(ソフトバンク)、宮崎(DeNA)、高橋(中日)、鈴木大(楽天)に加え、一塁の村上(ヤクルト)を回す可能性も示唆しており、今や三塁は激戦区となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る