松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

前ブルージェイズ山口は実証的投手“リトマス俊”で再出発だ

公開日: 更新日:

 メジャーリーグの一線級で活躍する田中将大が太平洋を行ったり来たりする時代になったのはいいことだ、こりゃ日米両方の野球をレベルアップさせる絶好のきっかけになるだろうと思っていたら、トロント・ブルージェイズの山口俊がオフを日本で過ごして、いざキャンプ地に向かおうとしたら空港で足止めを食ったりしてドタバタの揚げ句、キャンプ地へ着いた途端に「キミとは契約しないよ」と通告された。

 もうメジャー球団ったらぁ、山口がせっかく、さあガンバロ~と気合を入れて乗り込んだら「クビだよ」って、そりゃないでしょ(せめて日本を発つ前に言ってくれりゃ飛行機代だって無駄にならなかったのにねえ、キャンセル料は取られるけど、とかそういうモンダイじゃないだろうが)。

 去年はダメだったけど、ようしもう1年契約あるし、勇躍乗り込んだ途端に「クビだよ」と言われることもあるんだヨ、というぐらい行き来が活発になったと、前向きに捉えようや、なあみんな!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る