川相臨時Cが指導延長 阪神セ最多失策解消へ問われる本気度

公開日: 更新日:

 キャンプ初日からチームに帯同している川相臨時コーチ(56)。当初の指導期間は18日までだったが、21日まで延長するという。

 川相コーチは阪神から内野守備の指導を依頼され、キャンプ入り前に選手の守備をまとめた映像をチェック。個々の選手のクセや特徴を頭に入れた上でキャンプに臨んだ。野手の早出特守ではスマホで選手の動きを動画撮影し、捕球、送球などの指導に生かすだけでなく、データベース化して開幕以降の指導にも生かしてもらいたいと考えている。

 選手一人一人の目線に合わせて助言を送り、バントの極意も惜しみなく伝授。矢野監督も「こっち側の勉強にもすごくなる」と話すなど、首脳陣も川相理論の薫陶を受けているようだ。

 阪神は昨季、リーグワーストのチーム85失策を喫した。前任の金本監督時代を合わせると、過去5年間で4度、リーグ最多失策をマークしている。記録に残らない捕球ミスや悪送球などを含めると、かなり多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る