侍J稲葉監督が巨人視察 心配の種は4番候補・岡本の大不振

公開日: 更新日:

ヤクルト村上に取って代わられるかも

 もうひとつの心配の種は、昨季本塁打、打点の2冠に輝いた4番・岡本の不振である。今季の打率は.172、8打点、本塁打はまだ1本。この日も見せ場なく3タコに終わった。巨人のコーチ時代に岡本の三塁の守備力を飛躍的に向上させた井端氏が日本代表の内野守備・走塁コーチを務めている縁もある。侍ジャパンの正三塁手はこれまで長くソフトバンク・松田が務めてきたが、昨季の活躍で岡本が最有力候補に躍り出たはずだった。さるNPB関係者がこう言う。

「確かに岡本が筆頭ですが、一塁も三塁もできるヤクルトの4番で21歳の村上が突き上げてきている。打率.315でこの日も一発を放つなど(7本塁打、17打点)セの2冠。岡本の不振があまりにも長引くようなら、村上に取って代わられる可能性も否定できません」

 五輪メンバーは前回のWBCより4人少ない24人。少数精鋭だけに予断を許さない状況だ。最終ロースターは5月下旬から6月初旬に提出する。代表でもエースと4番の可能性がある巨人の2人が、稲葉監督の胸をザワつかせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る