井上康生監督の後任は鈴木桂治氏が有力…日本柔道男子の課題は「100キロ超級の復活」

公開日: 更新日:

 メダルラッシュに沸いた柔道。今秋に任期満了で退任する男子の井上康生監督(43)の後任に、2004年アテネ100キロ超級金メダルの鈴木桂治氏(41)が有力候補に挙がっているという。

 鈴木氏は井上監督の下、12年11月から100キロ、100キロ超の重量級担当コーチに就任。今大会は100キロ級のウルフアロンの金メダル獲得をサポートした。現在は国士舘大柔道部総監督で、同大の体育学部教授も務めている。

 柔道ライターの木村秀和氏が言う。

「現役時代に五輪、全日本選手権、世界選手権の3冠を達成した実績もさることながら、肩や指などのケガで劣勢に立たされても優勝するなど、逆境にも強い。上村、山下、斉藤、篠原、井上という重量級出身者が代表監督を務めてきた流れからいっても、一番の安定株ともいえる。井上監督と同様にワンマンタイプではなく、しっかりと選手とコミュニケーションを図れるはず。24年パリ五輪はわずか3年後。男子の筆頭コーチとして井上監督の采配を間近で見てきただけに、科学的トレーニングなどを重視した井上監督のスタイルをスムーズに継承する上でも適役でしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?