東京五輪グッズ売買活発 記念硬貨や切手が値上がり“プレミア状態”のナゼ

公開日: 更新日:

 8日に閉幕した東京五輪。開催の是非はさておき、日本勢のメダルラッシュで大会が盛り上がるにつれ、閑古鳥が鳴いていた公式グッズのオフィシャルショップには客が殺到したという。

 公式ユニホームのレプリカTシャツやタオル、競技別のキーホルダーなどが売れていて、オンラインサイトでの販売も好調とのこと。フリマアプリ「メルカリ」でも五輪グッズの売買は活発だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(19枚)

 侍ジャパンが金メダルを獲得した野球関連では、定価990円(税込み)のボール(オンラインショップでは完売)は、2000円前後の値がつき、売り切れ状態に。記念硬貨や切手の類いも値上がりしているという。これらの買い取りを行っているバイセルテクノロジーズ広報担当の三浦優佳さんに話を聞いた――。

「表に大会エンブレム、裏に流鏑馬の絵があしらわれた『一万円金貨幣(販売価格12万円)』は、すでに13万円程度まで値上がりしています。切手も同様で、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄付金)10枚1シート(販売価格920円)』は、現在2000円ほどになっています。切手は表紙がセットになっているものはさらに上がっている状態です。記念硬貨や切手はすでに販売が終了しているものもありますが、今回の五輪は新型コロナウイルスの影響で初めて1年延期になったのが大きいようです。今後さらに値上がりするか予測が難しいですが、開催中の一時的な熱狂によるものという見方もできます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質