阪神・藤浪「先発再転向テスト」不合格…立ち上がりからいつもの大乱調、ローテ復帰は絶望的

公開日: 更新日:

「時たま、すごいボールを投げるだけに惜しいよね」

 阪神OBがこう評したのは藤浪のことだ。

 19日のDeNA戦は約4カ月ぶりの先発。中継ぎから先発に戻って約1カ月、優勝を狙う上で後半戦のローテ入りを狙う「テスト」の意味合いもあった。だがしかし、この日も課題の立ち上がりでつまずいた。

 先頭の桑原に右前打され、森の右前適時打で先制を許す。続く佐野にも適時二塁打を浴び、1死も取れぬままいきなり2失点。二回は満塁のピンチをしのぎ、味方打線が同点に追いついた五回裏、2死二、三塁で柴田に勝ち越し適時二塁打を浴びたところでマウンドを降りた。5回途中、8安打5奪三振3四球4失点だった。

■野手は守っている時間が長くて嫌になる

「低めに伸びのある155キロ前後のストレートや五回に佐野を三振に仕留めた内角低めのカットボールなどは抜群。どうしてこんなボールを投げられるのに勝てないのか不思議ですよ。一方で、初回はボール先行で相変わらずの乱調ぶり。いきなり2失点で、野手は守っている時間が長くて嫌になる。4回3分の2で球数は102ですから。10日のエキシビションマッチの楽天戦は5回4安打2失点とまずまずだったが、今日の内容ではローテ復帰は無理でしょう。西勇の状態が少し不安だが、ガンケルが来週から復帰するし、今の阪神は藤浪を無理して先発に使うほど困っていない。本人もそれがわかっていながら、こんな投球しかできないのだから不甲斐ない。矢野監督も『もう1回チャンスを』という気持ちにはならんでしょう」(前出の阪神OB)

 チームの連勝を4で止めた藤浪は、「立ち上がりに硬さがありましたが、三回以降は落ち着いて投げることができていただけに、自分の力足らずだと思います」とコメントした。

 先発はもう無理か……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾