本田圭佑リトアニア移籍で“小遣い稼ぎ”のカラクリ 激安年俸を補うスパイク契約のヒミツ

公開日: 更新日:

 移籍先のリトアニア1部スドゥバが「海外8カ国目・9チーム目」となった元日本代表MFの本田圭佑(35)。契約期間は同国リーグが閉幕する今年12月まで。たとえフルに出場しても15試合ほどだ。

 前所属のアゼルバイジャン1部ネフチを7月15日に退団して以来、実戦から遠ざかっており、コンディション調整に時間がかかるのは必至。リトアニアでの出場は10試合にも満たないというのが、サッカー関係者の見立てだ。

 移籍発表後に「悪あがきがしたい。お金のためではない」とコメントした。確かに多くの稼ぎは期待できない。

「リトアニア1部の上位クラブでも、助っ人選手の年俸相場は400万円ほど。W杯3大会連続出場、3大会連続ゴールという勲章を最大限に評価されたとしても、本田の年俸は600万円前後」(前出の関係者)ともっぱらだ。

 確かに異国で暮らすには「生活できるだけの金額」(本田)だろう。

「いやいや年俸以外の余得もあります」と別の関係者が続ける。

「契約しているスパイクのメーカーが、選手と交わす契約金は<日本代表><1部所属><2部所属>とカテゴリーごとに差を付けている。ちなみに本田はイタリアの強豪ミランに所属していた時期、契約金が年間1億2000万円だったといわれている。今は日本代表の肩書もなくなったが、メーカー側から『どこの国でも1部リーグは1部リーグ。相応の契約金を払う』と約束されているみたい。欧州サッカー連盟のランキング30位台のサッカー小国・リトアニアでも、1部契約選手ということで月200万円はもらえるでしょう」

 W杯と無縁の国のリーグでも1部チームなら十分な小遣い稼ぎになる。

 本田の「1部リーグ世界行脚」は、まだまだ続きそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい