ダニエル太郎が4大大会で初の3回戦進出 元世界1位マリー撃破の裏にスタイルの変化

公開日: 更新日:

 病み上がりで復帰途上とはいえ、相手は4大大会3勝に五輪連覇の実績もあるアンディ・マリー(34=英国)。そんな元世界ランク1位を6-4、6-4、6-4のストレートで下したのが世界ランク120位のダニエル太郎(28)だ。

 20日の全豪オープンテニス男子シングルスで自身初の4大大会3回戦進出を決め、試合後の本人は、「とても興奮しています。声援は相手の方でも、ワーッという歓声に鳥肌が立ちました。今やっていることが正しいと思える」と頬を紅潮させた。「かなり攻撃的なテニスをしていましたね」とスポーツライターの武田薫氏がこう言う。

「もともとはベースライン付近で戦うストローカー。周囲から、もっとネットに出ろと言われても、今はこれでいい、35歳までプレーするのだから、少しずつ変えていけばいいとかたくなでした。父親が米国人で、14歳のときにスペインに移住してバレンシアのアカデミーで育った。焦らないスタンスは家庭環境からかもしれません。それが30歳を前にしたタイミングで、プレースタイルもメンタルも変えようと思ったのでしょう。積極的に前に出て190センチの長身を生かせるプレーヤーになり、1年半くらい前からオランダ人女性のメンタルトレーナーもつけています」

 2018年にはマスターズ1000のパリバ・オープンであのジョコビッチに勝利。そして今回はマリーに勝った。心身ともにひと皮むけたダニエル太郎は、今後もでっかいことをやりそうな気配だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?