巨人坂本“一塁コンバート秒読み”の波紋 23年ドラ目玉「花巻東・麟太郎指名回避」もあり得る

公開日: 更新日:

 右膝内側側副靱帯損傷で離脱中の巨人・坂本勇人(33)が25日、プロアマ交流戦・テイエステック戦に「3番・DH」で出場。25日ぶりに実戦復帰を果たした。

 1打席目は遊ゴロ、2打席目は二飛。それでも「やっぱり野球は楽しい。早く一軍の戦力として戻りたい」と明るい表情だった。

【写真】この記事の関連写真を見る(07枚) 

 4月30日の阪神戦の守備の際に右膝を負傷。5月1日に登録を抹消された。当初は時間がかかるとみられていたが、今月中旬にフリー打撃を再開。想定より早い6月前の実戦出場となったものの、「一軍のショートのポジションで動けるのかっていうのはちょっと。少しかかるのかなってというのが正直なところ」と慎重な姿勢を見せた。さるチーム関係者がこう言う。

「もう33歳だし、再発が何より怖い。首脳陣は今後、いかに長く坂本の打撃力を生かすかを考えています。動きの激しい遊撃の守備はもう厳しいかもしれない。後継者候補の高卒2年目・中山礼都(20)や同4年目の増田陸(21)が一軍に食らいついていることもあって、坂本の遊撃はいよいよ卒業が近づいているとみられています。かつては、いずれ三塁へコンバートされるといわれていたが、今や不動の4番打者に成長した岡本和が君臨。昨年ゴールデングラブ賞を取ったこともあって、三塁はもう動かせない。そうなると、行き場は一塁しかありません」

 そんな坂本の未来とリンクしているのか、一塁が本職の中田が、前カードの阪神戦から左翼の練習を開始した。交流戦で送球に難のあるウォーカーがDHに入る際のオプションの意味合いが強いとはいえ、今後、坂本が一塁へ転向する際に、中田が左翼も守れれば、という原監督の思惑も見え隠れする。

「実は熱量は高くない」

 ただ、坂本が一塁専任になれば、困ったことになる。来年ドラフトの目玉候補で花巻東の佐々木麟太郎(2年)の指名にも影響してくるからだ。

 佐々木は24日に行われた春の岩手大会準々決勝で高校通算67号を放った。まだ2年生だけに、歴代1位の清宮(日本ハム)の通算111本超えも視野に入れる。

 前出の巨人関係者が続ける。

「これから東北担当スカウトが麟太郎に密着する予定はあるものの、実は幹部の熱量はあまり高くありません。もちろん長打力の魅力はあるけど、現時点で一塁しか守れないことがネックになっている。一塁は助っ人が守ることが多いし、これから坂本が回る可能性があるなら、なおさら出る幕はないでしょうから」

 もちろん、佐々木が今後、清宮のようなフィーバーを巻き起こすようなら、「甲子園のスター」が好きな巨人のスカウト内部で意見が紛糾する可能性はある。坂本の一塁コンバートは、チームにさまざまな問題を起こしそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか