アーチェリー銀メダル山本博さんは今年還暦 それでもパリ五輪に挑むモチベーションとは

公開日: 更新日:

 2004年のアテネ五輪で銀メダルを取り「中年の星」と呼ばれたアーチェリー選手。今年還暦を迎えるが、いまだバリバリの現役だ。2年後のパリ五輪をめざし、今年11月にはナショナルチームの選考会に挑む。そう、60歳にして日本代表を狙っているのだ。

 その姿は、会社で何もしないと揶揄される“妖精おじさん”とは正反対だ。どうすればそんな意欲的に現役続行を貫けるのか?

 神奈川県に生まれ、横浜市立保土ケ谷中学1年からアーチェリーを始めたという。「見たこともない珍しいスポーツに、すごく興味をひかれた」のがきっかけだ。

 すぐに頭角を現し、3年時には大人に交じって全日本アーチェリー選手権大会に出場する。

「負けず嫌いだったのと、教えてくれる人がいなかったので自分でうまくなる方法を探すしかなかった。それが僕に合っていたのでしょう。あれこれ指図する教え魔が周りにいなくて幸運でした。それは教育者になった今でも同じ考えです」

 高校・大学は全学年で全国制覇。大学在学中にロス五輪(1984年)に出場し、銅メダルを獲得する。そう、アテネが最初のメダル獲得ではないのだ。しかしこの成功が、後にいばらの道へと歩ませる。

 大学を卒業した後はそのまま母校・日体大の助手になる。そしてさらに光り輝くメダルを狙ってソウル五輪(88年)に挑むも、結果は8位と惜敗。その理由を、こう冷静に分析する。

「ロスは西側諸国だけでしたが、ソウルはソ連など東側も勢揃いでしたので選手層は厚くなります。それを飛び越えるくらいの成長がなければ、当然順位は下がりますよね。実力が足りなかった、ただそれだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

  2. 2
    ジャニー氏の庇護を受けてきた東山紀之の“裏の顔” 超人気女優との"同棲"も事務所パワーで握り潰す

    ジャニー氏の庇護を受けてきた東山紀之の“裏の顔” 超人気女優との"同棲"も事務所パワーで握り潰す

  3. 3
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  4. 4
    大野智が描いたのか? インスタ投稿の“ダークな抽象画”に「香取慎吾のと一緒!」の声が噴出

    大野智が描いたのか? インスタ投稿の“ダークな抽象画”に「香取慎吾のと一緒!」の声が噴出

  5. 5
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  1. 6
    マッチがジャニーズ性加害問題“暴露”予告…“薄っぺらい退所”批判の東山紀之に特大ブーメランか

    マッチがジャニーズ性加害問題“暴露”予告…“薄っぺらい退所”批判の東山紀之に特大ブーメランか

  2. 7
    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

  3. 8
    どうなる“ジャニーズの妻たち”の命運…木村佳乃は「ソーセージを食べる演出は絶対できない」

    どうなる“ジャニーズの妻たち”の命運…木村佳乃は「ソーセージを食べる演出は絶対できない」

  4. 9
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 10
    木村拓哉の「ジャニーズ退所情報」で嵐は…松本潤以外のメンバーが来年11.3以降に進む道

    木村拓哉の「ジャニーズ退所情報」で嵐は…松本潤以外のメンバーが来年11.3以降に進む道