復帰の巨人・中田翔は“コーチ役”でも評価急上昇 覚醒気配の秋広に続く「第2の弟子」の名前

公開日: 更新日:

「驚異的な回復力」とスポーツ紙は書いている。

 右太もも裏の肉離れで戦線を離脱していた巨人中田翔(34)が25日、一軍に登録即「6番・一塁」でスタメン出場。1安打を放った。

 4日のヤクルト戦の走塁中に故障。診断では全治6~7週間とされていたが、かなり前倒しでの復帰となった。

 そんな中、チーム内で中田の評価が急上昇しているという。といっても、5番として開幕から引っ張ってきた打撃面ではない。高卒3年目の秋広優人(20)が覚醒気配だからだ。

 この日のDeNA戦で、松井秀喜以来となる20歳以下でのクリーンアップ「3番・右翼」で出場すると、初回に適時三塁打を放つなど2安打。打率は.349だ。チーム関係者がこう言った。

「秋広は2年目からOB松井秀喜の背番号55を背負うなど、球団の期待は大きいが、昨年は一軍出場なし。それでも今年1月、2年連続で中田とオフの自主トレを共にした秋広は、『ボールの内側を打て』など遠くへ飛ばす打ち方を伝授され、目からウロコだったそうです。中田はイメージとは違い、若手への助言が具体的で分かりやすいと評判。二軍には伸び悩んでいる増田陸(22)など有望株がくすぶっているけど、次の弟子は、ドラフト1位ルーキーで、二軍でプロの壁にブチ当たっている浅野(翔吾=18)が候補に挙がっています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!