W杯予選の北朝鮮戦控える森保監督が「ソシエダ久保のCLラウンド16敗退」にホッとしているワケ

公開日: 更新日:

 スペイン1部ソシエダでプレーする日本代表FW久保建英(22)が、日本時間6日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でパリSG(フランス)との第2戦に先発。フル出場してシュート2本を放つなど奮闘したが、試合はパリSGにペースを握られて結局1ー2の力負け。第1戦との合計スコア1ー4で久保のCL初挑戦は16強止まりとなった。

 かねてから「CLでプレーするのが夢だった」と話していた久保はさぞ無念だろうが、日本代表の森保監督の周辺からは「むしろ胸をなでおろしている」という声が聞こえてくる。 

 2026年W杯アジア2次予選・北朝鮮戦が21日(東京)と26日(平壌)に予定されているが、攻撃系の主軸選手の戦線離脱が相次いでおり、トップ下やサイドアタッカーを任せられる久保がケガなどで使いモノにならなくなったら、それこそ大きな痛手になるからだ。

 森保監督にとって、最初の誤算はベスト8で敗退したアジア杯(カタール)の最中に起きた。

 フランス1部の右サイドアタッカー・FW伊東純也(30)が、性加害スキャンダルで刑事告訴されたことが発覚。大会期間中に代表から“放逐”された。真相は藪の中だが、JFA(日本サッカー協会)は「スポンサー企業に対する配慮もあって北朝鮮戦に伊東は招集しない」(サッカー関係者)との話も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う