FBIが鋭意捜査中…大谷翔平に司直の手は伸びるか

公開日: 更新日:

 米国ではスポーツ賭博が盛ん。38の州とコロンビア特別区で合法とされており、ギャンブル依存症が社会問題にもなっている。

 しかし、ドジャースの本拠地であるカルフォルニア州ではいまだスポーツ賭博は違法。軽犯罪の部類だが、これに手を染めた水原一平元通訳(39)が“有罪”であることは間違いない。

 では、大谷翔平(29)に司直の手は及ぶのか。元通訳が7億円近い大金をスった胴元のブックメーカーは、昨年からFBIの捜査を受けている。結果として自分の口座から違法ブックメーカーにカネを送金された大谷も、何らかの罪に問われることはないのか。

 ニューヨーク州とワシントンDCの弁護士資格を持つ山中眞人弁護士は、「仮に大谷選手が有罪になるとすれば」と、こう続ける。

「それには4つの段階があります。①大谷選手自身が送金に関わり、②それが賭博の負債と知り、③さらに賭博が違法であることも承知し、④裁判所が大谷選手にも処分を下す必要があると判断した場合のみ、でしょう。それでも罰金刑で済むのではないか。①~③がすべて事実だとしても、不起訴に終わるケースだってありますから。ちなみに①の段階で、水原元通訳が勝手に送金手続きをした場合は、大谷選手が『口座の管理権を与えていたかどうか』で水原元通訳の罪状は変わり、与えていれば横領、与えていなければ窃盗になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”