DeNA筒香嘉智にまさかの「内角速球克服説」急浮上…“因縁”の巨人は手詰まり状態

公開日: 更新日:

 DeNA筒香嘉智(32)が14日、富山で行われた“因縁”の巨人戦に、日本球界復帰後、初めて出場した。

 巨人陣営は「筒香には打たせるな」が合言葉。なぜか。さる球界関係者がこう言った。

「開幕後に、日本復帰を決断した筒香取りに参戦した巨人は、九分九厘入ってくれるだろうと手応えをつかんでいた。開幕直前に新外国人のオドーアが急きょ退団し、外野の穴を埋めてほしいと、DeNA以上の条件も用意した。にもかかわらず、最後の最後に古巣にひっくり返された。自身が現役時代から親交のあった阿部慎之助監督(45)の失望ぶりは大きかった。筒香が苦手としている速いボールを中心に内角攻めを徹底すると腕まくりしていたようですが……」

 しかし、この日先発した山崎伊が筒香に投げ込んだ内角球は、1打席目の3球のみ。九回に登場した3番手のバルドナードは全球外寄りで、四球を与えた。結局、胸元への厳しい攻めは皆無だった。セ・リーグの某スコアラーがこう言った。

「2打数無安打に抑えたとはいえ、2四球で拍子抜けでした。3打席目に人を食ったような86キロの超スローカーブで一ゴロに打ち取った攻め方は斬新でしたが、外角中心の攻めに終始。巨人としてもまだデータが少ないので手探りなのでしょう。速球への対応に関しても、筒香は初めて一軍に合流した6日のヤクルト戦でいきなり、球威のある星の真ん中高めの150キロの速球を捉え左中間フェンス直撃の二塁打とすると、続く打席でエスパーダの低めの直球を本塁打した。メジャーに行く前から150キロ前後の速球には差し込まれていたと聞いていたのでスコアラー陣はザワついた。速球を打てるようになったのか、まだハッキリしないところがある。筒香に振られた巨人はおそらく怒っているでしょうから、北陸2連戦でしつこく内角を攻めてくれればデータを洗い出せるのですが……」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今