お家芸種目のメダルラッシュもたらす現役慶大生女子レスラーの“型破りキャラ”

公開日: 更新日:

  パリ五輪女子レスリング68キロ代表の尾崎野乃香(21=慶大)が23日、全日本選抜選手権が行われている東京体育館で会見。約2か月後に迫った初出場の大舞台に向けて「悔いのないようにしっかり調整し、金メダルを取ってレスリングを盛り上げたい」と目標を口にした。

 尾崎は2022年の全日本選抜選手権女子62キロ級で、東京五輪金メダルの川井友香子を下して連覇を達成。同年の世界選手権(セルビア・ベオグラード)も制して、同階級でのパリ五輪出場が確実視されながら、23年の全日本選抜選手権で準々決勝敗退に終わり、代表入りを逃した。

 その後、代表選手が決まっていなかった68キロに階級を上げて23年の全日本選手権優勝。今年1月、世界選手権5位の石井亜海とのプレーオフを制し、土壇場で代表切符を勝ち取った。

 女子レスリングのトップクラス選手では珍しい慶大環境情報学部に籍を置く現役の女子大生。レベルの高い練習環境を求め、他大学や高校に出稽古し、パワーで勝る男子選手を相手に研鑽を積んでいる。女子の強豪である至学館大、日体大の選手とは異なり、独特な練習法でレベルアップを図ってきたが、そのキャラクターも際立っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず