柔道・レスリングの五輪メダルを邪魔する“食べ放題”の誘惑

公開日: 更新日:

 お家芸種目の東京五輪代表が正式に決まった。

 全日本柔道連盟(全柔連)は、東京五輪延期前に選出していた男女13階級(男子66キロ級を除く)の代表を引き続き維持すると発表。すでに全18階級のうち8階級を選んでいたレスリングと合わせて、メダル量産を期待される格闘技の代表選手が内定した。

 全柔連の金野潤強化委員長は「内定選手はしっかり意識を持って、厳しい状況の中で己を鍛えてくれている」と期待を寄せるも、柔道もレスリングも茨の道が待っている。

 お家芸種目は対戦相手よりも、まずは自分との戦いを強いられるからだ。

 両競技とも体重によって決まる階級別で争われるため、大半の選手は大会前に過酷な減量が義務付けられる。中量級以上になると、2~3カ月前から減量に着手し、10キロ以上も落とすケースは珍しくない。計量当日に汗をかいたり、尿を出してグラム単位で絞って体重検査をパスする選手はザラだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る