ドジャース山本由伸5回4失点、踏ん張れずデビュー戦以来の2敗目…チームは5年ぶり5連敗

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕がチームの悪い流れを食い止められなかった。

 ドジャース山本由伸(25)が日本時間27日、敵地シンシナティでのレッズ戦に6勝目をかけて登板。5回を6安打4失点。デビュー戦となった韓国開幕シリーズのパドレス戦以来の2敗目を喫した。

 悪天候が予想されたため、試合開始が1時間半早まる異例の状況でマウンドに上がった山本。一回に3三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せたが、三回にレッズ打線につかまった。

 安打と四球で2死満塁のピンチを招くと、5番インディアに甘く入った変化球を右前に運ばれ2点の先制を許す。続くマルティニをフルカウントからの直球で飛球に打ち取りながら、打球は野手の間に落ちて(左前打)2点を追加された。五回終了時には降雨により試合は約1時間10分中断し、球数が100球に達していた山本はそのまま降板。

 チームは1-4で敗れ、今季ワースト、2019年以来5年ぶりの5連敗である。

 同地区のライバルであるダイヤモンドバックス戦から負けが込み、この5連敗中は11得点に対し、失点29。投打の歯車がかみ合わない状況が続く中、山本は踏ん張り切れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質